投資家 個人間 融資

お金借りたい掲示板

投資家が行う個人間融資?

消費者金融と個人間融資は全く違います。
会社として運営をしていない個人間融資では、何の決まりもありません。
おカネを貸したい人が、見ず知らずの人にお金を貸す行為は、考えられないことです。
常識的に言うとそうなのですが、中には投資目的で貸す側に回っている方もいます。

ヤミ金業者などが介在しているケースですが、投資家に利回りのように話をもっていきます。
10万円の元手で、月に◯万円が入ります。
借りる側に高い金利を付けて、介入する人の手数料と投資家にその分を渡す。

元手は投資家に出してもらうので、間の手数料だけで商売をしている業者がいます。
正確には詐欺業者ではなく、借りる側が納得の行く金利であれば、投資家にしても美味しい話です。
闇金融で言うシステム金融の形に似ていますが、とにかく高い金利で、投資家も借りる側にも騙し続けるというものです。

この業務ですが、返済がうまく行くことで本当に事業として回ってしまうから怖いです。
個人間融資として、借りる方としては、本人はブラックでどこの消費者金融も金融業者にも相手にされない、高い金利とわかっていても、とりあえずお金が必要であれば、要求に応じています。

ブラックでも、「収入のある自己破産者」ならそれなりの余裕がある方も少なくなく、こうした個人間融資での金銭授受を受けている方もいます。
投資家にしたら胡散臭いと言いながらも約束した利益が上がっていれば、文句はありません。
ヤミ金業者とグルになっている場合が多いですが、確実に利益の上がる新種の投資として続けることができます。

信じられない構図ですが、一人でもトラブルと思わない取引なら、個人間融資も成立してしまうようです。
この個人間融資で間違っている点と言えば、高い金利だけということで、正規では借りられない借り手も助かるし、投資家もローリスクハイリターンの投資として良い思いをするのです。

その投資家が確定申告でもしていたら笑ってしまうことなのですが、個人間融資を使った投資話しもゼロではなく、うまくいっていることもあります。
借り手のデメリットが表に出ない方法なのであり、個人間融資でもまともな形といえるのです。
個人間融資で投資をしてみませんか?という誘いがあれば、このような内容です。
問題はきちんと返済の約束ができる人にお金を貸しているか?ということですが、個人間融資問題の論点のズレも感じることです。